So-net無料ブログ作成
検索選択

<マルチ商法>仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」(毎日新聞)

 インターネット上の仮想空間での土地取引を売り物にしたIT会社「ビズインターナショナル」(さいたま市大宮区)をめぐるマルチ商法で、新たに広島県内の会員十数人が「『必ずもうかる』と違法な勧誘をされた」として、来月にも同社などに損害賠償を求めて広島地裁に提訴する方針を固めた。この商法をめぐっては4月に大阪地裁で会員17人が損害賠償を求め提訴。会員は全国に約2万8000人いるとみられ、提訴の動きがさらに広がる可能性もある。

 会員らによると、ビズ社は仮想空間「エクシングワールド」に参加する会員を募集。「有名企業も参加予定で、空間内の土地取引や広告収入で利益が得られる」などと勧誘し、販促キットと呼ばれるDVDソフトなど=写真=を約40万円で会員に販売。新しく会員を勧誘した人にボーナスを支払うとうたっていたが、仮想空間は一部が稼働しただけだった。

 消費者庁は09年11月、特定商取引法に基づきビズ社への業務停止命令(6カ月)を出した。今年4月28日には、会員17人がビズ社など3社と各社長を相手取り、計約730万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。さらに広島の被害対策弁護団によると、広島県内に住む十数人の会員が6月にも、ビズ社、ビズ社が仮想空間開発を委託したとされる東京都内のIT業者2社、各社長などを相手取り、広島地裁に提訴する方針という。

 ビズ社の関係者によると、問題のソフトは07年6月から09年10月まで販売され、関東や関西を中心とした都市部の約2万8000人が購入。総額は約94億円に上るという。

 ビズ社への業務停止命令の期間は今月27日までだが、同社幹部は毎日新聞の取材に「仮想空間はほぼ開設できない状況。金を集めた責任は感じている。現在、開発を委託したIT業者に返還を求めている」と話している。IT業者2社は取材に応じていない。【町田結子、飼手勇介】

【関連ニュース】
大学生を狙う悪質商法。自衛の方法は
<図解>詐欺:ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発
リフォーム詐欺:「指導」公表せず、被害拡大の一因か
詐欺:消火器代金を 容疑で男を逮捕 /千葉
詐欺:うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕

<新党改革>「国会議員5人の壁」早くも 参院選の第1次公認発表、現職3人出馬せず(毎日新聞)
宮崎9市町長、口蹄疫ワクチンに同意せず(読売新聞)
高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
社民・福島党首が25日に訪沖=普天間移設問題で(時事通信)
<強盗>スタンガン使い8万円奪う 名古屋・まんが喫茶店(毎日新聞)



「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)

 科学技術教育のベンチャー企業「リバネス」(東京新宿区)は14日、大豆やりんごなどの種子を積んだスペースシャトル「アトランティス」が、日本時間の15日未明に米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられると発表した。
 以前同社が依頼し、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で保管されていた大豆などの種子は、山崎直子さん(39)搭乗のシャトルで地上に戻った後、所在不明になっている。この中にはサッポロビールのホップの種子も含まれていた。
 15日は、北海道旭川市など各地の大豆の種子などが打ち上げられる。種子は「きぼう」で保管され、年内に退役するシャトルの最後の機体で11月に戻る予定。
 リバネスは「不明の種子が発見され、15日の種子も無事戻ることを願っている」としている。 

【関連ニュース
【動画】エビスビール記念館が恵比寿にオープン
【動画】2010年サッポロビールキャンペーンガール
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

非常勤講師がリポート代行=有料、HP上で募る―桃山学院大(時事通信)
<転落>東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
<風景画>ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で(毎日新聞)
<事業仕分け>新人議員が「調査員」(毎日新聞)



偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)

 偽物のシャネル製品を販売目的で所持したとして、警視庁板橋署は、商標法違反の疑いで、北海道函館市桔梗、廃品回収会社社長、旦尾(あさお)雅樹容疑者(41)と同社従業員の男ら計3人を逮捕した。3人は容疑を認めており、旦尾容疑者は「経営している会社の事業がうまくいっていなかった」と供述している。

 逮捕容疑は、旦尾容疑者らは4月20日、自宅に偽のシャネルの財布などを販売目的で所持し、商標権を侵害するなどしたとしている。

 同署によると、旦尾容疑者らは昨年9月から今年3月までの間、自分たちで作成したインターネットのホームページを通じて、シャネルやプラダ、グッチの製品など約320点を販売、約515万円を売り上げていた。

 同署によると、旦尾容疑者は「中国から輸入するなどして仕入れていた」と話しているといい、同署は詳しい輸入先などを調べている。

【関連記事】
「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕
大阪鶴橋に偽ブランド店街、「ツルメス」販売容疑で逮捕
ひったくり少年に「偽ヴィトン買わない?」 商標法違反容疑でタクシー運転手逮捕
「なんちゃってコーナー」と称し偽ルイ・ヴィトン
「笑笑」そっくり居酒屋の笑うに笑えない言い分
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

例大祭の行列で馬2頭暴れ、6人重軽傷(読売新聞)
もんじゅ また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)
<掘り出しニュース>みうらじゅん、町田署の「ゆるキャラ」デザイン その名も「マチるダ」(毎日新聞)
分かりやすい条文に修正検討=都青少年条例改正案−石原知事(時事通信)
分かりやすい条文に修正検討=都青少年条例改正案−石原知事(時事通信)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。